なぜ建物を延命できるか!?屋根塗装の重要性とタイミングとは

住宅街

塗装の依頼から工事完了までの6段階の流れ

大きな一戸建て住宅

屋根塗装は、たいていは専門の業者に任せる事になります。それには数段階の流れがあるのです。まずは、業者に対する連絡からです。メールや電話などを用いて、専門の業者とコンタクトを取る事になります。第2段階の打ち合わせをする為です。2段階目ですが、専門業者による現場確認になります。屋根の状態がどうなっているかを、目視で確認する事になるのです。この際、訪問の交通費がかかる業者も見られます。3段階目は、その業者による料金算出です。塗装をお願いする以上は、もちろん料金がかかることになるのですが、前述の目視確認による料金算出が行われる事になります。この段階で双方に問題がなければ、第4段階の契約書となります。
4段階目はとても重要で、専門業者から契約書が渡されます。その内容が自分のイメージ通りかどうかを、よく確認するのが無難です。そして5段階目は、いよいよ塗装業者による工事になります。大抵は3度塗りなどが行われて、数日ほどかけて工事が完了するケースが多いです。6段階目は、工事を依頼した側による最終確認になります。それで何も問題がなければ、工事完了という流れです。たいていの屋根塗装の業者は、このような流れになる訳です。